まてぃーの自由帳

気合いで頑張ります。

アルバムの醍醐味

(まえがき)

昨日、欅坂46から初のアルバムがリリースされるという発表がありましたね。

収録内容は全40曲。その内16曲が新曲。いつ録ってたんだよ...めちゃハイペース。

全曲を合わせると多分2時間40分、50分ぐらいになるのかな。すごいボリューム。

「長くない?」って感じる人もいるかもしれないけど、完成度が高ければそんなの全く気にならないはず。

(本題)

さて、タイトルにも書いたアルバムの醍醐味。なんだろう?って考えたら、

答えは構成なのかなと思った。どういうこと?と問われれば、説明は2つある。

まず第一に、曲数が多く組み込める分、幅が"拡張"できるっていうこと。

 

シングルだとどうしても制限される部分があるけど、アルバムに制約は少ない。むしろ、ないと言ってもいいかも。これによって、多種多様な表現が可能になる。

だからこそ、「コンセプトアルバム」っていうものが世の中に存在する。例えば、Pink Floydの「THE WALL」とか、THE WHOの「TOMMY」みたいなね。

欅坂46もある種の"主義"(解釈は人それぞれですが)に則ってやってきている部分があるから、とってもコンセプチュアルな作品になるかも。いや、なってほしい!

第二は、イメージの変化。

 

曲を聴くと、人はその曲の歌詞や曲調、様々な部分からイメージを感じ取る。欅でも、1st~4thまで収録された曲があるよね。もちろん、そこにも多種多様な印象があるはず。

面白いのは、これがアルバムに組み込まれると、違った"鳴り"がする事が度々ある。

つまり、アルバムは他の曲との組み合わせで成り立っているから、前後の曲、はたまた全体を通して既発曲に新しい解釈が生まれることがある。もちろん、新しい曲にも起こりうる話だけどね。これは、特に細部までこだわって聴いてる人にとってご褒美的な醍醐味になる。

欅坂46は実験的="2,3年先に向かってボールを投げてる"感もあるからとても楽しみ。

新曲が聴けるようになったら、また追記します。今のところ、願望ばっかりで申し訳ないです。

ではまた。

守屋茜ちゃんの個人PV「パーフェクト寝起きドッキリ」、パーフェクト過ぎでしょ

(まえがき)

初回限定盤のシングルを買うと、CD付属のDVDに個人PVがついてくる。

もちろん、最新シングル「不協和音」にも収録されている。そんな中でも、

「パーフェクト寝起きドッキリ」がめちゃくちゃ面白かった。

www.youtube.com

あらすじは動画をご参照ください。

説明の説明みたいな回りくどさがないし、まさしく"予告編"になっててほんと凄い。

(本題)

今までの個人PV(これについても後々書きたい)とは違って、とてもコメディタッチな作品。テレビで見せているあかねんのキャラクターと個人PVの台詞がガッチリハマってる。笑

計算で計算じゃなさそうな部分を作り出そうする所もすごくイイ。職人技みたいだよね。

f:id:sevenriceflowernen:20170530173006p:plain

特にコレ。無地のジャージなのに、三つ編みって可愛すぎるでしょ!!!

とかなんとか言ってる時点でギャップにハマってる。こわい。でも可愛いからいいじゃん。

パジャマを選んでいる時も、テーブルでは加湿器が炊いてあったり、そういう部分まで細かい。美容にとても熱心らしいし、実際にやってても全然不思議じゃないよね。

オチまでしっかりしてるから、約8分ぐらいだけど倍に感じるぐらい充実した作品なのでめっちゃオススメ!!!何回観ても飽きないし。(正直、内容が良いのに加えて寄りの画が多い。めちゃくちゃ綺麗...)

監督を務められているのは森田リョウさん。3rdシングル「二人セゾン」で鈴本美愉ちゃんの個人PV「鈴本ミユの秘密の告白」も担当されていました。こっちもめちゃくちゃ面白いです。

いつか本当に寝起きドッキリを仕掛けられる日が来るのかな?

そうなったらおもしろそう!

 

ではまた。

 

守屋茜さんが魅力的過ぎる問題'17

 (いきなり僕の話から始まります。すいません)

去年の11月頃、友人に言われるがままに、欅坂46「二人セゾン」のMVを観た。

それまでは「メチャカリ」のCMとかMステで見たことがある程度だったけど、曲とMVの良さに度肝を抜かれた。「ええ曲や...」と思いつつ再生していた所、ある部分に目が留まった。(4:02秒ごろ)

f:id:sevenriceflowernen:20170525163438p:plain

え? このめっちゃ綺麗な人......!?

僕は急いで名前を調べた。守屋茜さん(通称あかねん)と言うらしい。

今までアイドルに興味を持った事は無かったけど、情報を調べていく内に、どんどん欅坂46にハマった。吸引力が凄い。ダイソンみたい。

(ここから本題)

あかねんの魅力を3つに分けてみる。

  1. 美貌
  2. 性格、キャラ
  3. パフォーマンス

1.美貌

テレビや雑誌に写真と、どれで見てもめちゃくちゃ綺麗。人によってはあまり良く映らない角度があったりするけど、あかねんはどの角度で見ても良く映るし、これがいわゆるフォトジェニックってものなのかもしれない。blt graph vol.15やSmartの3月号での写真なんて、「はぁ~~~~」ってため息が出るほどだった。(いい意味で)

その美しさは1st、2nd、3rd、4thと重ねるごとにどんどん進化していってる。どこまで行くのよ!!!って思うし、最近なんて「これが昔の人が唱えた1:1.618の黄金比か」ってぐらいの凄さ。

一方で、美容にかなり気を遣っているらしく、ブログやインタビューを読んでいるとそういう話が結構出てくる。これはこう使う、あれはああ用でって話が一杯出てくるし、熱量が凄い。綺麗な人が美容に気を遣うって鬼に金棒じゃん!! やめてよ!!!

 

2.性格、キャラ

「欅って、書けない?」や「KEYABINGO!」を見てると、映ったり喋ったりしてる機会が多い。その中でも何かとフィーチャーされるのが「軍曹」というワード。見返すと、初期から「気合で乗り切りました」って言ったり、ちょこちょこ片鱗を見せていた。最初見た時に「多分気が強い人やろな」と思ってたけど、そんなもんじゃなかった。

体育大会のテニス対決で自前のラケットとおぼしき物を持っていたり、鬼の形相でリレーを走っていたりと、挙げると一杯出てくる。僕がびっくりしたのは「激辛麻婆豆腐」の時。明らかに辛そうなものを一気にかきこみ、見事完食。けど、顔が爆発しそうなぐらい赤いし目がヤバかった。ちょっと怖かった 

こんな形では書いてるものの、見てて思うのは清々しさがあるってこと。何に対しても全力投球だから、もやもや感が全然ない。負けず嫌いってとっても良いことだし、とはいえ無理だけはしないで!!って感じ。(上から目線みたいになってごめんなさい)

他方、ちょこちょこ出てくるのが「セクシー、乙女」な部分。KEYABINGO!1の「セクシーVSぶりっ子」、2の「コスプレ&萌え台詞」回はすごすぎて、直視出来ないしめっちゃ顔が熱くなった。バレンタイン企画では綺麗じゃなくて可愛いし、設定の入れ込み方がガチ。乙女そのものじゃん!

 

3.パフォーマンス

時期を追うごとにパフォーマンス力が目を見張るものになっていってるから本当にすごい...「サイレントマジョリティ」でもすごく目立つし、特筆すべきは「不協和音」。ポジションが二列目の真ん中で"裏センター"みたいな感じ。MVでは部隊を率いている隊長のようであり、Mステでの披露時は鬼気迫る雰囲気に背筋がゾクゾクした。

打って変わって、「手を繋いで帰ろうか」「青空が違う」「割れたスマホ」はいかにも女性らしい。手を繋いで帰ろうかは菅井様とのペアパフォーマンスが可愛い。拗ねた感じで進んでいくけど、最後はハッピーエンド。青空が違うでは健気過ぎる女の子、、、こんな女の子ほんまにおるんやろか。割れたスマホはガラッと変わって大人路線。「欅坂46SHOW!」での妖艶なパフォーマンスを見てビックリした。

 

ざっと書いたけど、多分魅力はこれだけじゃないしもっとある。一回だけでも、いつか握手会に行ってみたいなぁ。気がつけば何らかの雑誌の専属モデルに就任、みたいになってそう。予言が当たったら誰か750円くださいね。